ヒアルロンと#オモチャ生活

オモチャとオモ写について書いていきます♪

オモチャと出掛けよう!外でオモ写!

小学生の頃の憧れは、

ジョン・マクレーン警部補

 

 

 

こんにちは、ヒアルロンです。

前回はオモチャの浮かし方を紹介しました。

オモチャを浮かせるオモ写テクニック - ヒアルロンと#オモチャ生活

 

今回は、外で撮るオモ写、外オモの魅力について紹介します!

 

 

外オモとは?

みなさん、オモ写についてはもうご存知ですよね。

まだ分からないよという方はこちらの記事を先にお読みください。

オモ写の魅力について紹介します - ヒアルロンと#オモチャ生活

 

外オモとは、外で撮るオモ写の略です。

外でオモチャ持って写真なんて恥ずかしいよ!と、言う方、

はい、恥ずかしいです。初めは抵抗が半端ないです。

しかし!それを乗り越えると新たな境地に辿り着きます!

ご覧ください、その境地を極めた方たちの外オモがこちらです。

 

シゲロックさん

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

ホットケノービさん

 

www.instagram.com

www.instagram.com

 

ねぎかつセブンさん

www.instagram.com

www.instagram.com

 

クレオワークスさん

www.instagram.com

www.instagram.com

 

どうですか?

自然を最大限利用したオモ写、まるで映画のワンシーンのよう。

室内での表現は限られてきますが、一歩外に出ればさらに表現の幅が広がります!

自然と撮ったり、砂を投げたり、水を使ったり。ここまで来ると芸術ですね、、、

 

 室内で撮るのもいいですが、

せっかくなら外へオモチャを持ち出して自然と一緒にオモ写してみてはいかがですか?

 

もっと見たいという方は今回ご紹介させてもらった方のアカウントから見ることが出来ますよ!

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

www.instagram.com

 

外オモしてみよう

ということで、僕も外オモしてみました!

持ち物

f:id:hyaruron_toy:20180519182154j:image

 

では出発!!

ロケーション決め

天気が良かったので近所の小道に咲いている花と一緒に撮りたいと思います。

f:id:hyaruron_toy:20180519183229j:plain

 【今日は人通りが少なかったのでラッキー笑】

 

セッティング

スパイダーマンの背中にスタンドを指し、

f:id:hyaruron_toy:20180519183220j:plain

 

スケボーは針金を巻き付けて支えたいと思います。

f:id:hyaruron_toy:20180519183224j:plain

 

撮影 

セッティングが終わったら次は撮影ですね。

今回は3つに分けて写真を撮りました。

フォーカスロックを忘れずに!!

 

【写真1】

f:id:hyaruron_toy:20180519184555j:plain

 

【写真2】

f:id:hyaruron_toy:20180519184614j:plain

 

【写真3】

f:id:hyaruron_toy:20180519184618j:plain

撮り終わったらPhotoshop Mixで加工!

オモチャを浮かす加工の仕方はこちらを参考に。

オモチャを浮かせるオモ写テクニック - ヒアルロンと#オモチャ生活

 

 

そして完成品がこちら!

f:id:hyaruron_toy:20180519193117j:plain

満足のいくオモ写が撮れました!!

 

 

外オモをやってみて気づいたこと

実際に外でオモ写をしてみて気づいたことが3つあります。

 

1.とってもお手軽

外でオモ写をする際、室内で撮るより準備が少なくて済むんですよね。

太陽があるので照明は必要ないですし、自然がいい感じの背景を作ってくれます。オモチャとカメラがあればどこでだって外オモが出来ます!f:id:hyaruron_toy:20180519210239j:plain

【コーラを添えるだけでいい感じに♪】

 

2.オモ写の表現力UP!!

自然を利用することで、自分でもびっくりするような写真が撮れます。

例えば、「砂」を使うと特撮のような写真が撮れます。

砂を、オモチャに、投げるだけ

これだけで一味違った写真に!!

花や川も工夫して使えば面白い写真が撮れるかも!!

f:id:hyaruron_toy:20180519210700j:plain

【カメラを連射モードにして、砂を叩きつけました】

 

3.自然と触れ合える

これなんですが、けっこう重要だなぁと思いました。

普段生活してて、自然と触れ合える時間ってあんまりないと思うんです(僕の場合ですが)。外オモの撮影場所を探しているとき、この花と撮ったらきれいかなぁ?ここの砂さらさらしてる!あの木なんて雰囲気出そうだ!など、自然に自然と触れ合ってることに気が付いたんです←こんな場所あったのかと、新しい発見もあります。

ゆったりした時間が過ごせるし、基本歩いて撮影場所を探しているので良い運動にもなり、健康面でも外オモはおすすめできますよ♪

 

f:id:hyaruron_toy:20180519224029j:plain

 

 

いかがでしたか?

外オモはハードルが高いように思えますが、始めてしまえばなんてことはありません。

人目は気になりますが、好きなことをやるというのは誇れることなので気にしないでやりたいことを思いっきりやりましょ!!

自分のオモ写にマンネリを感じている人、旅行先でちょっと変わった写真を撮りたい人にもオススメなので是非やってみてください!

ちなみに、砂をかける方法はただいま絶賛研究中です笑

早く記事に書けるよう精進します!

 

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

このブログでオモ写に興味を持ってくれる人が増えたら嬉しいです。

 

 

SNSもやってますので是非覗いてみてください!

twitter

https://twitter.com/hir6991

instagram

https://t.co/paO2l8RDJL